UNIQLO FLOWER と サスティナブルクローズ を用いたディスプレイ装飾をリニューアル

2020年12月3日よりUNIQLO TOKYO で展開していた装飾を、2021年1月29日リニューアルしました。

今回もユニクロのフラワーショップ「UNIQLO FLOWER」でロスになったドライフラワーをメインに活用し、サンプルで廃棄予定だった服に装飾しました。

コンセプトは前回に引き続き『New Antique』。

12月にお披露目した装飾は「シミ」をイメージして作成しましたが、今回は「ほつれ」からイメージを得て、パッチワークで修復するように花が咲く表現にこだわりました。アイディアを加えて長く使い続けることが、新たな価値になるということをメッセージとして込めた作品です。

UNIQLO TOKYO
〒104-0061  東京都中央区銀座3丁目2-1  マロニエゲート銀座2 地上1~4階
HP:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/shop/tokyo/
最新の商品やサービスを発信するUNIQLO TOKYO。
各階にサステナビリティに関する展示スペースを設け、サステナビリティ活動のためだけに割り当てられたUNIQLO TOKYOの常設展示スペースは、世界最大の広さ。

参考引用:
https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/corp/press-release/2020/06/20060813_ginza.html

● 2020年12月3日の装飾についての詳細

ーart directorー
五味 春佳

ーSpecial thanksー
杉田 萌実
後尾 美香
荻原 愛
澤田 奈津子

関連記事