日々、生花店や式場などでは
短い役目を終えた花たちが
まだ美しいうちに捨てられています。
その廃棄予定の花を「ロスフラワー」と名付け、
私たちは新たな命を吹き込みます。

What’s lossflower ?
ロスフラワーとは?

日々、生花店や式場などでは短い役目を終えた花たちがまだ美しい間に捨てられ、花き市場ではこの現状が問題になりつつあります。
新たな価値をつけるため、持続可能な花き市場を維持していくため、廃棄予定の花を「ロスフラワー」と名付ました。

What’s Flower cyclist ?
フラワーサイクリストとは?

Flower + UP CYCLING

「サイクリスト」は環境用語である「アップサイクル」からの造語で、ものづくりの力で廃棄品にさらなる価値を与えることを意味する

メリット
1. 廃棄する際の心苦しさや作業工程を減らせる
2. 循環型経済(サーキュラーエコノミー)へ貢献出来る
3. 売れ残ってしまった花を買い取ることで損失やゴミ代をカットできる

ロスフラワーを回収し、ドライフラワー作品にすることで、新たな命を吹き込むメンバーの名称です。

Company
会社概要

企業名
株式会社RIN
代表者名
河島 春佳(かわしま・はるか)
事業内容
花(ロスフラワー )を用いたサステナブルなプロモーション
会社設立
2019年12月3日
Vison
世界の花業界に新しい風を
Mission
花のロスを減らし花のある生活を文化にする

Profile
プロフィール

株式会社RIN 代表
フラワーサイクリスト

河島 春佳 Haruka Kawashima

長野県生まれ。大自然の中で幼少期を過ごし自然を愛するようになる。東京家政大学服飾美術学科卒業。2014年頃から独学でドライフラワーづくりを学び、2017年 生花店での短期アルバイト時に、廃棄になる花の多さにショックをうけたことから、独学でドライフラワーづくりを学び、フラワーサイクリストとしての活動を始める。2018年クラウドファンディングで資金を集めパリへの花留学を実現し、2019年ロスフラワーを用いた店舗デザインや、装花装飾 を行う株式会社RIN を立ち上げる。2020年花農家と消費者の架け橋として開設したオンラインショップ『フラワーサイクルマルシェ』は、農林水産省HPでも紹介。

Instagram:@haruka.kawashima
https://www.instagram.com/haruka.kawashima/

Twitter:@_h_a_r_u_k_a_
https://twitter.com/_h_a_r_u_k_a_

Media
メディア

Media| 2019.12〜

【TV】
NHK :シブ5時
日本テレビ:ヒルナンデス!、ココロ通う街角
TBS:Nスタ、Sunトピ
フジテレビ:フューチャーランナーズ
テレビ朝日:スーパーJチャンネル、モーニングショー、Tokyo応援宣言

【新聞】
日本経済新聞、読売新聞、農業新聞 、中日新聞、繊研新聞

【雑誌】
装苑、SPUR、hanako

【ラジオ】
TOKYO FM、 J-WAVE、 FM yokohama

【WEB】
IDEAS FOR GOOD、プレジデントウーマン、 VOGUE、朝日新聞telling、MERY、マイナビ農業、BOTANIST journal